フクロウじじ 質屋さんてナニ?? ハテナ?

最近よく見かける「買い取り屋」さんと間違われますが・・× 違います・・

質屋さんは、『物』を預けて『お金』を借りる事が出来るお店です!

職業的に答えるならば、
「物品を質草(担保)として預かり、金銭を貸し、その利子を得る職業」  ということになります。
日本の『質屋』の歴史はとても古く、なんと鎌倉時代からあったそうです。
もちろん、アメリカ等、海外にもあります。 ・・蛇足ですが、あの「東京ディズニーシー」にもあるのをご存じですか?(店内はお土産屋さんですが・・笑)
質屋は古くから存在する、「庶民の金融機関」です。 ですから、たまに時代劇等にも登場します!


質屋には700年以上の伝統・歴史・信頼があります。

昔からなんとなく暗いイメージがあったり、敷居が高い・・などと言われる事もありますが、
現在の質屋さんはそんなお店ではございませんので、安心してお気軽にご利用下さい。
当店は明るく入りやすい店舗で、ブランドバッグ・お財布類や腕時計、ジュエリーの販売、買い取り業務もしております♪
もちろん、お預かり(ご融資)、買い取りのご相談だけでも構いません♪

無担保のカードローンや各種金融行の融資とは違い、「質(しち)」というのは物品を担保にしてお金を貸し出します。
担保がありますので、「取り立て」などは一切ございません。ですからとっても安心です♪♪
預けた、品物は3ヵ月お預かり致します。(延長も可) 3ヵ月以内でしたら、元金にお利息をプラスしてお支払い頂ければ、
品物を持ち帰る事が出来ます。 これをしないで3ヵ月放置しますと、いわゆる「質流れ」として品物は処分されてしまいます。
ただ、品物を失う事により、お客様の(元金)や(お利息)の返済義務も消滅します。
以上が質屋の基本的な商売です。(下記にさらに詳しく「ご融資(お預かり)」について説明しています。)
また、現在の質屋は、お金を貸し出すだけでなく、商品を買い取る「買い取り」や「販売」業務なども
行っているお店が多いです。


さて、その質草(品物)はどんな物を扱うのかといいますと、時代の移り変わりに
応じて変化してきました。
その昔は鍋やお釜、布団や衣類(着物)、刀等を預けてお金を借りる人が多かったようです。
これらは生活必需品ですから、当然売るわけにはいきませんネ。
ですから、お金(現金)の少ない時代には、質の預かり業務はとても重宝されていたようです。
その後の経済成長後には、国民の生活レベルも上がり、以前のような質草は減ってきました。


最近では「お預かり」の他に「買取り」や「販売」の業務もおこなっているお店も多くなっています。
そのためか、品物を現金に換えていく人々の様子をニュース番組で特集した「質屋ウォッチング」や、
一流ブランド品を安く買える「質流れバーゲン」などでかなり脚光を浴びるようになりました。
ちょっと残念なのですが、最近目立っているのは、「買い取り」や「販売」の方かもしれません。


買取は、その名のとおり不要になった品物を買い取る(現金化)事をいいます。
また、販売は質流れになった商品・買取った商品・仕入れた商品等をリーズナブルなお値段で
販売しています。(お店によっていろいろです)

よく、質屋さんは「買い取りをしてくれるお店」だと思っている方が多いようですが、決してそうではありません。
質屋さんは品物を担保に現金をご融資(お貸し)する商売です。
どうでしょうか、「質屋」について少しは理解して頂けたでしょうか?


さて、質屋のメイン業務「ご融資(お預かり)」のシステムをご説明しましょう。
預けた品物はもちろん取り戻す事(返却)が可能です。
お預かりの場合、預かる期限は
3ヶ月間です。3ヶ月の間なら、いつでも持ち帰ることが可能です。
ただし、その日(月)までのお利息がかかります。預けた品物を出すには、お貸しした元金プラスお利息をお払い頂きます。
お利息はお店によって多少金額が違いますが、上限は決められています。
当店ではお貸しする金額によって利率(お利息)が変わります。
品物を出さないで3ヶ月の期間が過ぎてしまった時、その品物は流れてしまいます。
(これがいわゆる”
質流れ”です)こうなりますと、品物は当店から業者等に売られてしまう為、
お客さまの元には戻りません。
ただ、この時点でお客様にお貸しした「お金」の返済義務は消滅しますので、品物をあきらめてしまえば、
お貸ししたお金を返す必要はありません。
(※ 一度流してしまったからといって、次回融資を受けられない・・といった事もありません!)
たとえ流質したとしてもブラックリスト等に載るような事もありませんのでご安心ください。
また、お客様の大切な個人情報は他業種等に流出する事はございません。


流質してしまった場合、結果的には「買い取ってもらった事」と同じ事になります。
品物が大事で流したくない場合、3ヶ月の間に経過した分の「お利息」をお支払い頂ければ、
お預かりの期限を延長する事もできます。(基本は3ヶ月分 1ヶ月単位)
なかには5年以上も品物を預け続けているお客さまもいらっしゃいます。
一度預けた品物を出して、また預けて、また出して、と何度も繰り返しご利用になるお客さま(常連さま?)が
いらっしゃいますが、このような場合、お客さまの信用が上がりますので、最大貸付金額もUPします。
中には通常査定額の2倍以上! なんて無理なご融資をする事も..


扱う商品(品物)ですが、これは別ページの「取り扱い品について」をご覧下さい。
「預かり」と「買取り」ではどちらの方が査定額がいいの?とよく質問されますが。
これは、お店によってもかなり違いがあると思います。
ちなみに当店では、新しさが命の「電気製品」・「ブランド品の最新モデル」などは、
買取の方が高査定になる事が多いです。
逆に、珍しい品物や希少価値のあるものは「預かり」の方が高査定の場合があります。
結局は「商品によって異なる」といったところでしょうか。


最後に、初めてのご利用の際には、
身分証明になる物が必要になります。2回目以降は必要ありません。
身分証明になる物は、運転免許証、保険証、身分証、学生証、パスポート、外国人登録証等です。
印鑑も有ればいっしょにお持ちください。(三文判でも可)



 いかがでしょう、何となくでも「質屋さん」を理解していただけたでしょうか?
 それでは最近当店をご利用頂いたお客さまの実例を少しご紹介させていただきます。

---------------------------------------------------------------------------------------
《最近、お店にいらしたお客さまの例です》

21歳 学生 M雄 さん 「お預かり」でご利用
「急にお金が必要なんだけど、ROLEXぐらいしか持ってない。
 でもこれはバイトしてやっとの思いで買ったモノ。
 だから売りたくない!」

大切な時計は「お預かり」致します!もちろん、後で返却可能です。
(モデルにもよりますが、状態が良いROLEXなら数十万円程度のご融資が可能です)



22歳 OL N子 さん
 「買取り」でご利用
「前の彼氏にプレゼントしてもらった、ティファニーの指輪を
 売りたいんですが..」

不要になった指輪やネックレスなどは、「買取り」で
現金に変えられます。

(ブランド宝石類は特に高価査定になります。
 もちろん一般宝石類もOKですヨ!)



35歳 主婦 T美 さん
 「買取り」でご利用
「せっかく買ったけれど、ほとんど使わなかったLVのバッグを
 売りたいんですが..」

程度の良いルイ・ヴィトン、シャネル、エルメス等のバッグは
高額査定で「買取り」します!

(海外一流ブランドのバッグ・サイフ類は特に高額査定致します。)
※注(例外も有り)



26歳 アルバイト H司 さん
 「お預かり」でご利用
「今月とりあえずヤバイ!お金がない。
  自分のギターでお金が借りられる??」

もちろんOKです!デジカメやカメラ類・オーディオ機器
家電製品・他の楽器類、何でもお預かりOK!
(海外有名ブランド製ギター等は特に高額査定になります)
※注(例外も有り)


39歳 会社員 K冶 さん 「買取り」でご利用
「今持っているのと同じ電気製品が懸賞で当たっちゃったんだけど、
 2つあってもしょうがないので買い取って頂けますか?」

買取りOKです。なるべくお早めにどうぞ!
電機製品は新しさが命です!

(家電製品でも、大型テレビ(40型以上)・大型冷蔵庫等はお取り扱いしておりません)

上記以外のお客様にも、とても気軽にご利用頂いております。
どうもありがとうございます♪

にこにこしちや


・・・あとがき】

無人キャッシング、カードローン等、銀行やコンビニATMで手軽にお金が取り出せる時代になっても、品物を預けてお金を借りられる店は、現在でも「質屋さん」しかありません。(特殊な金融業を除く)

「ちょっと昼飯代の1000円だけ借りたい・・」とか「今日の飲み会のお金だけ何とかしたい..」なんていう時には、指輪やネックレス、腕時計なんかをチョイと持っていけば、すぐにお金が借りられるお店、それが質屋さんなのです。
お馴染みさんにもなると、ご来店してからお金を借りてお店を出るのに1分も掛かりません。そのぐらい手軽にスピーディにお金が借りられるのです。(お友達感覚ですネ♪)

インターネット・携帯・スマホなどネットワークを利用した端末機械の発達で、とても便利な世の中になりましたが、そのぶん、人と人との生身のコミュニケーションはどんどん希薄になってきました。
そんな時代ではありますが、やはり人と人。直接対面し、人との信頼と会話を大切にしたい...そう考えています。また、質屋業は、こういう仕事だからこそ、これまでの長い年月を生き残れてこれたのかもしれません。

現在のようなデジタルな世の中では、とてもアナログ的ではありますが、ただお金をお貸しするのではなく、いろいろな人と話をしたい、何かに失敗したりして困った時、誰かに相談したい時に、少しでも相談に乗ってあげる事ができれば・・ お役にたてれば・・
そんな風に日々思っています。

遠い昔、店番をしていた母が、父に内緒で自分のサイフからお金を貸していた、お年寄りの女性がいまだに何度も何度も 私に当時のお礼を言ってくれます。(母が逝ってから私はその事を知りました)
母が逝ってからもう20年以上経ちますが、今でも当時の母の優しい心に触れることができて嬉しく思います。
私もそんな人間でありたい・・ そんな生き方がしたい・・ と考えています。


【注:18歳未満の方はご利用頂くことが出来ません】

詳しくは、お店に直接お問い合わせください
1999-2018 Pawn Shop Chitoseya. All rights reserved